まとまった資金で仕事の受注も続けられた(男性/40代)

男性/40代

10年ほど前から建設関係の自営業を始めました。

始めた当初は景気が良かったこともあり、仕事は忙しい日々が続きましたが、
苦労した甲斐もあり、会社はぐんぐんと成長していきました。

しばらくすると私の生活も会社経営も安定し始めましたが、
3年前ともに会社を支えてくれていた妻が突然病気で倒れ、長期入院することになりました。

この頃には景気も少し冷め始めており、仕事の受注も月によって大きく差が出るようになっていました。

建設業界では大きな仕事がまとまって入ることが多く、極端な場合では月の仕事量が100か1ということも起こりえる世界です。

特に工事が減る冬場など、仕事量が少ない時期は当然、従業員へ払う給料の負担も厳しくなり、
私自身も妻の入院費を払いながら貯金を崩して生活することになりました。

それでも、仕事を受注する際には工事ごとに資材費などをこちらで立替えることも多く、
まとまった資金がないとこれからの仕事を取ることもできなくなってしまいます。

どうやってこの厳しい状況を乗り越えようかと悩んだ結果、ビジネクストという事業者向けローンから借入することを決めました。

親戚や親しい同業者などに一時的に資金を出してもらうことも考えましたが、
後々トラブルに発展する可能性もあるため、こういったローンであれば安心して融資を受けることができます。

私の会社のような中小企業は大手企業とは違い、一度に100万円単位や1000万円以上といった
高額な融資
を受けられるとは思っていなかったので、大変ありがたいです。

まとまった資金があれば、仕事を受注するたびに借入をする必要もないため、資金管理も楽になります。

借入した資金は従業員への給料といった人件費だけではなく、
建設機械や器具といった設備資金へ回すことも出来るため、事業拡大にも助かっています。

人気の事業者向けローンのランキングはこちら

このページの先頭へ